佐賀県産のおいしいモノ

白玉饅頭(しらたままんじゅう)

県産品画像 県産品画像

職人の愛情たっぷり、つやつやモッチモチの素朴な味わい。

佐賀市大和町にある川上峡の名物として100年以上も地元で愛されている「白玉饅頭」。その昔、神功皇后の妹、與止旦女(よどひめ)が川上神社に参られた際に献上された雛菓子で、ご覧になられた與止旦女が「この様に白く玉のような子供を授かりたいものだ」と言われたことから、白玉饅頭と名付けられ、この地の名物として親しまれるようになった。

基本は米、水、小豆、砂糖といった、とてもシンプルな材料。白玉粉を使わず、自家製米の佐賀産米を粉にした米粉を使用するのが特徴で、練り上げた生地に小豆餡を入れて蒸し上げる。今でも、代々受け継がれた昔ながらの製法にこだわり、手作りで仕上げられている。

また、保存料や添加物が一切使われていない生菓子のため、日持ちはしないが、現地でいただく作り立ての美味しさは格別だ。モッチモチの食感とあっさりとした甘さが人気の秘密で、一口大のコロンとしたサイズも親しみが沸く。職人の愛情がたっぷりと込められた、お米と餡子の素朴なお菓子だ。

県産品一覧へ戻る