佐賀県産のおいしいモノ

丸ぼうろ

県産品画像

手作り製法にこだわる、佐賀を代表する南蛮伝来のお菓子。

丸ぼうろは南蛮船とともに17世紀後半に伝えられたポルトガルのお菓子。当時、ポルトガル船員たちの保存食であった固いクッキーのようなものを、食べやすく味深いものにするために、卵を加えるなどして改良を重ねて完成したのが現在の佐賀の丸ぼうろだ。

主な材料は小麦粉、砂糖、鶏卵。佐賀は昔から良質な小麦粉が穫れる豊かな土地であったこと、また鎖国の時代に、海外から砂糖などの品々を長崎から佐賀を通って全国へと運んでいた、通称シュガーロードと呼ばれる長崎街道があったことも、丸ぼうろが発展してきた理由として挙げられる。

毎日、職人が佐賀県産の小麦粉を中心に配合量を加減しながら生地から作り、一連の作業を機械に頼らず熟練職人の手作業で行なっている。高温で短時間に焼き上げることで、周りがサクサク、中心がふっくらとした丸ぼうろ独特の食感に仕上がる。口に入れるとほろほろと溶けていき、ほんのりと広がる素朴な甘さが人気の秘訣。佐賀を代表するお菓子として長く愛されている。

県産品一覧へ戻る