佐賀県産のおいしいモノ

佐賀錦

県産品画像

緻密さの極みにある美しさ

起源、歴史は鹿島錦と同じであり、細く裁断した金、銀、漆を貼った和紙を縦糸、染色した絹を横糸として、丹念に織り上げられたもので、緻密な技術を要するため、非常に根気のいる手仕事であり、一日にわずかしか織ることができません。明治初期に一時中断されましたが、佐賀県出身の大隈重信候がこれを惜しみ、旧華族の間で再興し、評判を得ました。さらに明治43年には日英大博覧会に、当時まだ鹿島錦と呼ばれていたものを「佐賀錦」として出品し、日本手芸の極致として絶賛されたことから、それ以後佐賀錦の名が一般化してきました。今ではバックや草履、ネクタイ、名刺入れなど幅広い作品が多くの女性を魅了しています。【佐賀県指定伝統的地場産品】

県産品一覧へ戻る