佐賀県産のおいしいモノ

名尾手漉和紙

県産品画像

自家栽培の原料による伝統の手漉和紙

約300年の歴史をもつ名尾和紙は、最盛期の昭和初期には名尾地区のほとんどの農家で作られていましたが、現在では「谷口手漉き和紙工房」のみが、自家栽培による原料(楮)と自家製による糊を使用して、伝統技法を守り続けています。
名尾和紙の特徴は、質が緻密で粘り強く、光沢があって耐久性に優れている点にあります。特に提灯紙は油をよく吸収して絵筆が滑らかに走るため、「名尾の提灯紙」として高く評価されています。【佐賀県指定伝統的地場産品】

県産品一覧へ戻る