佐賀県産のおいしいモノ

肥前びーどろ(ひぜんびーどろ)

県産品画像 県産品画像

歴史の息吹が作り出すガラスの輝き

■特徴
肥前びーどろは、ジャッパン吹きで作られる滑らかな肌合いが特徴。これは空気以外のものに触れることがないために生まれる仕上がりです。赤や青などの鮮やかな色も魅力です。

■背景
1852年、佐賀藩は近代的軍備の研究のため、佐賀藩士の佐野常民を中心に蘭学者などを結集して、佐賀城下の多布施川流域に精煉方(理化学研究工場)を設立しました。
ここでは鉄砲の火薬製造をはじめ、ガラスなどの理化学研究や実験を行いました。明治時代には鍋島家の管理下となり、1883年には精煉社という民間会社に変身。1894年には佐賀精煉合資会社に組織を替え、理化学用品やガラス製品を製造しました。
その後、佐賀精煉合資会社で働いていた副島源一郎が独立し、副島硝子工業を創設。ガラス製造の専門工場を開設しました。1903年には道祖元町に工場を移転し、伝統的な製造技術で今も生産を続けています。
オランダの文献から学んだ技術を基に開発した、型を用いずに、ガラス管を通して息を吹き込み成形する宙吹き技法は、日本独特の「ジャッパン吹き」と呼ばれています。これが、副島硝子工業が現代に受け継ぐ技法です。
創業から近年までずっと工場では精煉方と同じガラス窯を使用していましたが、2011年に燃費改善のため、新しい窯に作り変えました。現在はタンブラーや小鉢などのガラス食器を中心に製造。近年は金箔や銀箔を張り合わせたきらびやかなガラス製品も人気を集めています。

佐賀県産のおいしいモノへ戻る