佐賀県産のおいしいモノ

肥前びーどろ

県産品画像

ガラスに生命を吹き込んだ手技の冥利

発祥は江戸末期に鍋島藩が実験用のガラス製造を行ったのが始まりです。明治以降民間に移管され、食器類やランプなど日用品が製造されるようになりました。
100年を超える歴史の中、そのまま受け継がれた技法が「宙吹き」です。これは、ガラス管の吹き棹で1,400℃の坩堝から水飴状のガラス種を巻き取り、型を使わず微妙な息の吹き具合だけで成形していく、「ジャッパン吹き」と呼ばれる独自の伝統技法です。現在はタンブラーや小鉢など一般食器を中心に制作されており、金箔や銀箔を張り合わせたシリーズも人気があります。【佐賀県指定伝統的地場産品】

県産品一覧へ戻る