佐賀県産のおいしいモノ

諸富家具

県産品画像

木肌を活かした安らぎの家具

諸富町では古くから家具をつくる指物大工等の職人によって、木工業が営まれていましたが、昭和に入ってからは鉄道や諸富・大川橋の開通により、福岡県大川市との技術交流が盛んになって、九州では大川市に次ぐ家具産地として発展してきました。
諸富家具産地には、昔ながらの職人技で建具や特注家具をつくる工場だけでなく、最先端の設計システム、加工システムを導入した工場が共存しており、近年では環境問題や生活様式の変化に対応した、新しい家具の創作にも取り組んでいます。【佐賀県指定伝統的地場産品】

県産品一覧へ戻る