佐賀県産のおいしいモノ

鍋島緞通(なべしまだんつう)

県産品画像 県産品画像

350年の歴史を誇る優美な敷物

■特徴
織糸には上質な木綿を使用。 絹や羊毛などと比べると肌触りが良く、高温多湿な日本に適した敷物です。大胆かつ華やかな文様も魅力で、インテリアのアクセントになります。

■背景
江戸時代初期、佐賀郡扇町の農家に生まれた古賀清右衛門が長崎で中国人から緞通の技術を教わり、「扇町毛もうせん氈」として織ったのが、日本最古の綿緞通と言われる鍋島緞通の発祥です。
扇町毛氈は精巧な作りで、画趣に富んでいたことから、佐賀藩3代目藩主鍋島綱茂が生産を奨励し御用品としました。当時、庶民への売買を禁じていましたが、明治時代以降はその禁が解かれ、最盛期には十数の織元が生まれるほど栄えました。
1910年には佐賀市赤松町に住む、吉島正敏が製造技術を受け継ぎ、今日の鍋島緞通の基礎を作りました。太平洋戦争中は技術を失わないよう、国から木綿糸の支給を受けて細々と機織りを継続。
一時は福岡県久留米市へ移転して、鍋島緞通の伝統を守り続けました。そして2006年に佐賀市赤松町へ鍋島緞通吉島家を移し、長年の念願であった故郷に腰を落ち着けました。
鍋島緞通は伝統的に桜や松の木製織機を使い、経糸と緯糸ともに上質の木綿糸で一目一目を手で織り上げる工芸品です。伝統的な「蟹牡丹」柄を守り、優雅な趣きを今も誇っています。

佐賀県産のおいしいモノへ戻る