佐賀県産のおいしいモノ

れんこん

県産品画像県産品画像

独特の土壌が生み出す、もっちりホクホクの佐賀のレンコン

佐賀県は全国有数のレンコン産地として知られ、九州・関西を中心に出荷されてきたが、近年では関東方面へも出荷されるようになっている。主な生産地が白石町であることから「しろいしレンコン」とも呼ばれている。白石平野は有明海の干拓によって広げられた農地で、ミネラル豊富な「重粘土質」という、柔らかく豊かな土壌が特徴的。これがレンコン栽培に最適で、昭和40年ごろから栽培が本格的に広まり、現在では約300haで生産されている。

品種は4〜5種類がメインで、中でも「金澄」がその半分以上を占める。佐賀県産レンコンは、7月から9月頃の若いレンコンのシャキシャキとした食感も楽しめる他、出荷最盛期となる10月以降では「しろいしレンコン」の代名詞といえる糸ひきが良く、モチモチ、ホクホクとした柔らかな食感を楽しめる。

また泥を付けて出荷される、泥付きレンコンも佐賀県産レンコンの特徴の一つ。水分と養分をたっぷり含んだ白石町のきめ細かな土が、光りや空気から守る保湿の役目を果たして日持ちを良くするため、関東や関西方面へも掘り立てに近い状態で出荷することができている。佐賀県の豊かな土壌が生み出す、モチモチ、ホクホクとした食感をぜひとも楽しんでみたい。

出荷時期(ハウス・露地)

出荷時期

主な出荷先(地方)

福岡・佐賀

県産品一覧へ戻る