佐賀県産のおいしいモノ

伝統野菜

地域の人々が守り育てる野菜たち

佐賀県内には、昔から地域の人々が独自に栽培を続けてきた伝統野菜が存在する。近年は伝統野菜を後世に伝えようという動きも活発化。伝統野菜の伝承や復活を目標に、積極的に活動する地域が増えている。
ここでは、佐賀県を代表する伝統野菜5種をご紹介する。

県産品画像

【相知高菜】

明治時代に中国四川省から導入された、「青菜(於多福)」と「相知在来紫高菜」の交雑の結果、明治40年頃誕生した高菜とされている。昭和30年頃の最盛期には県外にまで評判が広がるほど美味であったと言われている。

一般的な高菜と比べて収量が少ないが、葉が柔らかく色が鮮やかで漬物にしたときの仕上がりも美しい。ほとんどが漬物として加工されるが、一部はベビーリーフとして生でも食べられている。

辛みの効いた「相知高菜」にするには、トウ立ちする直前に収穫するのがよい。

出荷時期

出荷時期

生産地

佐賀県唐津市相知町

県産品画像

【戸矢かぶ】

その昔、弓の名手である源為朝が、黒髪山の大蛇退治に放った矢が戸に当たり、戸矢という地名ができたという。矢が当たった大蛇の血は戸矢地区まで飛び散って、実っていたかぶの表面が赤く染まった。その物語の主人公が「戸矢かぶ」だ。

「戸矢かぶ」はソフトボールほどの大きさで、表面の上半分が赤紫色をしているのが特長。横から見るとハートの形と、かわいらしい一面もある。酢漬けにすると皮の色がよりいっそう鮮やかに。甘味が強く、天ぷらで食べてもおいしい。

出荷時期

出荷時期

生産地

佐賀県西松浦郡有田町戸矢地区

県産品画像

【桐岡なす】

多久市多久町桐岡地区に古来より伝わる伝統野菜で、農家が自家消費用として栽培し、受け継がれてきた。一般的な長ナスと比べると、重量は2~3倍(400g~600g)。ラグビーボールのように丸々とした形が特徴だ。

肉質は緻密で、皮が柔らかく、種も少ない。また、アクがほとんどないので、そのまま調理できるという利点もある。いいことづくしのナスではあるが、独特の形状が箱詰め出荷や輸送に不向きとされ、遠方への出荷はされていなかった。

火の通りが早く、煮崩れしにくいので天ぷらやグラタン、ホイル焼き、ソテーなど幅広い調理方法でいただける。味噌漬け、甘酢漬け、浅漬けなどの漬物類のほか、パンナコッタなどの菓子類にも加工されている。

出荷時期

出荷時期

生産地

多久市多久町、多久市西多久町

県産品画像

【女山大根】

地域在来種で、皮は赤くて、中身は白色。葉は赤紫色というユニークな見た目をしている。その色を堪能するならば、酢の物がおすすめ。外皮の赤色が中身に移り、美しいピンク色の仕上がりになる。

普通の大根よりと糖度が高く、やや強い甘みと適度の辛味が特長。普通の大根には含まれていないポリフェノールの保有量が多いので、がんや生活習慣病の抑制・予防に効果があると言われている。

地元には、江戸時代から「女山大根」を栽培していたと書かれた資料が残っている。「形がはなはだ大きく、牛に女山大根4本を背負わせ、殿に献上した」と記述されていて、そのことは今でも語り継がれているそうだ。

出荷時期

出荷時期

生産地

多久市西多久町

県産品画像

【青しまうり】

古くから多久町中心に栽培されている「青しまうり」。栽培が盛んになったのは、昭和50年代からだ。きっかけは、「青しまうり漬け」の商品開発を行政と農協が一体となって行ったことだ。今では地域の代表的な特産品にまで成長した。

一般的な白うりに比べ、色つやが良く、漬け物にすればカリッと歯触りが良いのが特徴。白うりに比べて栽培管理に手間がかかり、使用できる農薬も少ないが、地域の方々は積極的に生産へと取り組んでいる。

出荷時期

出荷時期

生産地

佐賀県多久市内

県産品一覧へ戻る