佐賀県産のおいしいモノ

竹崎カニ

県産品画像

一年中おいしい、有明海育ちのワタリガニ「竹崎カニ」

佐賀県の特産であるブランドガニ「竹崎カニ」は、佐賀県の最南部に位置する太良町沖、有明海の竹崎地区を中心に水揚げされるガザミと呼ばれるワタリガニの一種で、大きいものだと25cm以上にも成長し、甲羅は横長の菱形で、青みがかったオリーブ色をしているのが特徴。

ワタリガニは全国各地で獲れるが、竹崎地区周辺で水揚げされるワタリガニ「竹崎カニ」は格別だといわれる。それは、生息地である有明海の干満の差が、最大6mという日本一を誇る場所であるからだ。干潮時に姿を現す広大な干潟には、太陽の光をたっぷりと浴び、干潟の豊富なミネラルを含んだワタリガニのエサとなるプランクトンやゴカイなどの小動物が数多く生息しており、そのエサを食べて育っているため、他の海のものと比べると身が詰まって味が濃厚とされる。

初夏から秋にかけて多いオスガニは繊細な味で、甘い身とコクのあるカニミソが特長だが、冬から春にかけての卵を持った濃厚な身のメスガニも美味しいと評判。一年を通して季節ごとの味わいを楽しめるのも竹崎カニの魅力となっている。

そんな竹崎カニの美味しさをダイレクトに味わうならシンプルな「塩茹で」がおすすめ。ほかに、直火で甲羅ごと焼き上げる「焼き蟹」、ほぐした蟹の身を熱々のご飯に乗せて食べる「ガネ飯」、さらにミソのつまった甲羅に熱い日本酒を注いで飲む「甲羅酒」も、ぜひ一度味わってみたい逸品だ。

県産品一覧へ戻る