佐賀県産のおいしいモノ

イカ

県産品画像 県産品画像 県産品画像

優れた食感と甘み

佐賀県の北に位置する玄界灘は対馬海流が流れているため、暖海性のイカが獲れ、その種類はケンサキイカ、ヤリイカ、アオリイカ、コウイカなど様々。なかでもケンサキイカは日本有数の産地として多く漁獲されている。そのため唐津市呼子町では「イカの活造り」が生まれた町として全国的にも有名である。

ケンサキイカの活造りは透き通った見た目の美しさとともに、コリコリした食感や強い甘さなど、一度食べたら忘れられない味を求めて他県からも大勢の人が訪れる。呼子で「イカの活造り」が誕生した理由には、漁場である玄界灘が近く、生食向きのイカの漁獲量が多いこと、さらに環境の変化に弱いイカを生簀で活かすことに成功し、それに伴って漁師がイカを生きたまま漁場から持ち帰ることが出来るようになったためと言われている。

ケンサキイカは、主に春~秋に水揚げされ、特に春から夏にかけては産卵のために沿岸に寄ってくる。この時期は大きいサイズのイカが水揚げされ、地元の漁師さんからは水利(スイリ)と呼ばれている。また、例年7月頃は水揚げ量が多いため、夏はイカの旬として知られている。

その他に佐賀県で食べられるイカとして、ケンサキイカに比べて漁獲量は少ないもののアオリイカとコウイカがある。アオリイカは玄界灘では大きさで呼び名が変わり、小型のものをモイカ、大型をミズイカと呼び、これもおいしいイカのひとつで、市場では高級魚扱いになるほどである。そして、体の中に甲羅状の骨があることから名付けられたコウイカは、他のイカと比べて肉厚で柔らかいのが特徴。

佐賀県では呼子町を中心とした周辺エリアで、イカの活きづくりを食べられる他、天ぷら、一夜干しやイカシュウマイなど、イカを多彩に美味しく楽しむことができる。

最近では、佐賀玄海漁業協同組合が細胞組織を壊さず、解凍後も獲れたてのような新鮮さを維持する凍結技術「CAS(Cells Alive System)凍結」を導入。徐々に凍らせる従来の凍結方法と違い、CASは微弱なエネルギーを与える磁場環境で食品を冷却し、細胞中の水分子を振動させることで瞬間的に食品全体を同時に凍結するため、細胞を傷つけず、最高5年の長期保存が可能となった。また、解凍後も旨味成分が再現され、一定の鮮度を維持できるため、CAS凍結技術によるイカの活き造りの通販も行われている。

県産品一覧へ戻る