佐賀県産のおいしいモノ

イイダコ

県産品画像 県産品画像

有明海湾奥部の代表的なタコ。春の産卵前の雌の胴部(俗に言う、タコの頭)には、長円形をした卵がいっぱいに詰まっており、その大きさ、形が米粒そっくりなところから、イイダコ(飯蛸)と呼ばれる。甘辛く煮た、煮つけが最高だが、茹でてわさび醤油で食べてもおいしい。

旬画像
県産品一覧へ戻る