佐賀県産のおいしいモノ

豆腐

県産品画像県産品画像

大豆と水の宝庫、佐賀から生まれるバラエティ豊かな豆腐

佐賀県は全国でも有数の大豆の産地で、平成24年度の収穫量は北海道、宮城に次いで全国で3位。豆腐のもうひとつの原料である水も、脊振山系と多良山系による豆腐作りに適した軟水が豊富だ。このように、おいしい豆腐作りに欠かせない大豆と水に恵まれた佐賀では、オリジナリティあふれるさまざまな種類のこだわり豆腐が作られている。

日本三大美肌の湯として知られる嬉野温泉の名物「温泉湯豆腐」は、温泉水で湯豆腐を作ることで豆腐が溶け出して汁が白濁し、豆腐のとろける口当たりが特徴のヘルシー料理。嬉野温泉の泉質だからこそ生まれた、全国でも珍しい温泉湯豆腐だ。また、昔ながらの製法で大豆本来の味が引き出された、水にさらさない「ざる豆腐」や「おぼろ豆腐」も、佐賀県唐津市や武雄市の名物豆腐として人気を集めている。

さらに、昭和初期から有田町に伝わるのは豆乳に葛とでんぷんを入れた餅のような食感が楽しい「ごどうふ」、そして唐津市神集島(かしわじま)では、にがりの代わりに島の海水が使われ、石の上に落としたら石のほうが割れたと言い伝えられている「石割豆腐」が名産となっている。

佐賀県各地で作られている豆腐は、どれも特色豊かでお土産にも最適。一度食べれば忘れられない味わいばかりで全国区で注目されている。

県産品一覧へ戻る