佐賀県産のおいしいモノ

伊万里・有田焼

県産品画像

白磁の肌に彩られた美しい紋様

日本磁器発祥の地、有田町で約400年前に生まれた伊万里・有田焼。酒井田柿右衛門により、赤絵という高度な絵付の技法が始められて大きく発展し、江戸時代から伊万里港を通じてヨーロッパ等へも積み出されるようになりました。華やかな絵付け、耐久性に優れた磁器は、世界の焼き物に影響を与えることになります。
近年では、地元窯元と美術系大学等との産学開発で新しい有田焼も誕生しており、進化を続けています。【経済産業大臣指定伝統的工芸品】

県産品一覧へ戻る