佐賀県産のおいしいモノ

白石焼

県産品画像

磁器の技法を受け継いだ陶器

みやき町皿山地区で焼成される白石焼は、1800年代当初は、地元の「五穀さん」と呼ばれる白い砂が混じった土に天草陶石を混入させて作り上げるという、伊万里大川内焼と全く同じ製法であったと伝えられています。
江戸時代末期に京都五条の名陶工臼井走波を招へいしてから、花鳥風月を中心に絵付する京風を帯びた一種のロールカラーを形成するようになり、これが現在の白石焼の基盤となったといわれます。現在は日常生活用品など、親しみのある民芸陶器が人気を集めています。【佐賀県指定伝統的地場産品】

県産品一覧へ戻る