佐賀県産のおいしいモノ

唐津焼(からつやき)

県産品画像 県産品画像

使うほどに味わい深くなる侘び寂びの陶器

■特徴
唐津焼は生活の道具としての素朴な美しさが魅力。料理を盛り、花を生けることで完成する「用の美」を備えています。粗く渋い素地からは、独特の温もりと力強さが感じ取れます。

■背景
室町時代末期から桃山時代にかけて岸岳城を居城とした波多三河守親の庇護の下、生活雑器を中心に焼かれたのが唐津焼の始まりです。現在の様式が生まれたのは、別名「やきもの戦争」と言われた、日本の窯業界に多大な影響を与えた文禄・慶長の役以降のこと。朝鮮半島へ出陣した諸大名は、多くの朝鮮陶工を連れて帰国しました。陶工たちは特別大切に扱われ、彼らがもたらした新しい技術「蹴ロクロ」と「連房式登り窯」により、唐津焼は大きく発展することになります。
大量の唐津焼が唐津港から全国へ運び出され、「一楽、二萩、三唐津」と言われるほど、茶人ほか多くの人々から親しまれるようになりました。

佐賀県産のおいしいモノへ戻る