旬のごちそう

夏の食材

青々とした風景が広がる夏の佐賀県太陽の光をいっぱい浴びた夏野菜は栄養価が豊富で、疲れた夏の身体を元気にしてくれるエネルギーに満ちています。

七夕こしひかり

真夏に味わえる新米

佐賀県で一番最初に収穫されるお米で、旧暦の七夕(8月7日前後)に収穫されることから、「七夕コシヒカリ」と命名されました。柔らかくて粘りが強く、甘みがあってピカピカの炊き上がりが特徴です。

県産品情報へ 佐賀米サイトへ

七夕こしひかり

アスパラガス

鮮やかな緑色とみずみずしい歯ごたえ

佐賀のアスパラガスは、穂先がしまり、鮮やかな緑色でみずみずしい歯ごたえが特徴です。
夏場のアスパラ収穫技術を初めて開発したのが佐賀県で、北海道に次いで全国2位の出荷量を誇ります。

県産品情報へ 県産品レポートへ

アスパラガス

温室みかん

日本一を誇る、佐賀県産温室みかん

生産農家の知恵と努力によって生産される温室みかん。佐賀県は昭和60年代から栽培面積、生産量ともに全国一を誇る大産地です。
温室内での卓越した温度管理技術により、夏に甘いみかんを味わうことが可能になりました。

県産品情報へ さがみかんプルミエへ

温室みかん

梨(幸水・豊水)

シャキッとした歯触りとたっぷりの甘さ

佐賀県は西日本有数の梨産地であり、施設栽培面積は日本一。
袋かけを行わず太陽の光をいっぱいに浴びて育った梨は、梨本来の甘さが引き出され、果実の密度が高く、シャリッとしたみずみずしい食感を生み出しています。

県産品レポートへ さがなしプルミエへ

梨(幸水・豊水)

七福生姜

唐津市七山地区で育った、国内最大級の(特大)生姜

標高が高く、寒暖差が大きい七山地区でじっくり育った特大の生姜。白く美しい外観で、繊維が少なく、生でも食べられるほど控えめな辛みと爽やかな香りが特徴です。

七福生姜

神埼そうめん

神埼の自然と製麺技術から生まれた、九州を代表するそうめん。

神埼市に約380年も前から伝わる神埼そうめんの特徴は、小麦の旨味と香りがしっかりと味わえること。
さらにシャキシャキとしたコシの強さと、なめらかでツルツルとしたのど越しの良さも昔から受け継がれています。

県産品情報へ 県産品レポートへ

神埼そうめん

ざる豆腐

大豆と水の宝庫、佐賀から生まれる水にさらさないざる豆腐

全国有数の大豆の産地であることや、脊振山系と多良山系による軟水が豆腐作りに適していることもあり、様々なバリエーションの豆腐が作られている佐賀県。
水にさらさず竹ざるに上げ、ざるの目から自然に脱水された豆腐は、大豆の風味が引き立ち豊潤な味わいを楽しむことができます。

県産品情報へ

ざる豆腐